最も早くソメイヨシノが開花した御経塚

令和3年3月30日、今日は晴天ですが、黄砂が飛んでいます。

気温の高い日が続き3月24日には御経塚のソメイヨシノが金沢地方気象台統計開始(1953年)以来、最も早く開花しました。

今日30日は7分咲きです。

27日馬場川河川緑道や花壇の清掃活動を行いましたので、ピカピカな河川緑道となり、気持ち良く桜が観賞できます。観に来てください。

ところで、29日北國新聞朝刊に御経塚まちづくり会活動が記事として掲載されました。

24日から始まったリレー連載の野々市支局「どうなる御経塚」の6回目の最終日に「青写真、われらの手で」というタイトルです。

連載内容は、イオン御経塚撤退の発表から、地元の戸惑いや商業施設移転、土地需要が増加、宅地の人気、地元小規模店舗が貢献、遺跡公園魅力発信が課題などです。そして、最後の29日に当会の取り組みが紹介されました。

「JR野々市駅周辺の開発計画策定や99本桜のまちづくりに終わりはない、自分たちで青写真を描く・・・そして、御経塚の取組みは一つのモデルケースなるかもしれない。」でした。

当会の活動指針である「自分たちの街は、自分たちで考え・守り・育てていかなければいけない」を新聞にて表現していただき大変満足しています。

それでは、御経塚の桜をお伝えいたします。

 

▼御経塚の7分咲きの桜(3月30日)

 

▼御経塚の桜(3月29日)

 

▼御経塚の夜桜(3月29日)

 

▼清掃活動(3月27日)

 

▼御経塚の桜が開花(3月24日)

 

▼御経塚の開花寸前の桜(3月20日)

 

桜が見ごろです。ぜひ御経塚にお越しください。

2021年03月30日 | Posted in まちづくり活動, 活動報告 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください