暖かくなってきた御経塚

2月26日 少しずつですが暖かくなってきた御経塚です。

年明けからの1月、2月の御経塚の風景をお届けします。

▼風の広場(2月26日)

 

▼花かご(2月26日)

 

▼雪の御経塚(1月15日)

 

▼恒例の左義長(1月9日)

 

次は、2月13日(月)に開催された野々市市土地区画整理事業推進協議会の実務研修会の報告を行います。

主催:野々市市土地区画整理事業推進協議会

講師:当会委員長

参加者:野々市市で施行中の4地区の土地区画整理組合の役員、事務員の方々約30名です。

①当会委員長のお話は、以下のとおりです。

・御経塚地区のまちづくり会

・まちづくりの必要性について

・まちづくり活動について

・町内会と区画整理組合との交流(案)について

・各地区のまちづくり(案)について

②意見交換会など

・活動資金について

→区画整理の余剰金を組合から預かっている。

・アパートの住民に対して

→町内会の準会員として参加して頂いている。

約40分間、話をさせて頂いたあと意見交換を約10分間させて頂きました。  少しでも区画整理のまちづくりのお役にたてれば幸いです。

 

▼野々市市北西部土地区画整理事業 完工記念式典・祝賀会(2月25日)

当地区の隣接地である野々市市北西部土地区画整理事業の完工記念式典・祝賀会が25日ANAクラウンプラザホテル金沢で開会されました。

①事業概要

本地区は、野々市市の西部に位置し、地区周辺は既に区画整理事業による都市基盤整備が進み、国道8号、国道157号、JR野々市駅等に隣接した極めて交通の利便性が良く、市街地としての開発条件に恵まれた地区であります。

本事業は、本市西端での都市基盤整備の総仕上げにもなり、幹線道路の整備に併せ、地区公園の整備等総合的な土地利用計画に基づき、健全な市街地を形成することを目的としております。

・施行面積:65.5ha、総事業費:127億円

・施行期間:平成12年2月25日~平成30年3月31日予定(18年間)

②区画整理事業完了後のまちづくりについて

・野々市市粟市長様が市制施行当初から掲げている、【自分たちのまちは、自分たちで創る「市民協働のまちづくり」と魅力あるまちづくりの主役はこのまちを想い愛する市民みんなです。】

・御経塚地区に隣接しJR野々市駅の南側に位置する当地区においてもお子様、お孫さん、未来のためにも『住み続けたいまちづくり』、『住んで良かったまちづくり』を始められることを期待しています。

 

春に向けて当会メンバーは、各自体力づくりやスケジュール作成など各種準備を開始しています。

 



Back to Top ↑